ucpnow3

京都・宇治の老舗オケ 宇治シティフィルハーモニーへようこそ!

ホーム > 演奏会 > 70回定期曲目解説

第70回定期演奏会 曲目解説

交響曲第8番ヘ長調 L.v.ベートーヴェン(1770-1827)

交響曲第7番と第8番は1813年ごろ相次いで制作されました。どちらもベートーヴェンの9つの交響曲の中では快活な印象の曲ですが、この第8番は、苦悩を感じさせる重々しさ、しつこさはさらに薄く、軽快で長さもコンパクトなのが特徴です。そのせいか知名度は高くはありませんが、作曲者自身にとっては新機軸を盛り込んだ相当な自信作でした。第8番の初演では第7番も先に演奏されたのですが、第7番の方が人気があったと聞くと、「それはこの第8番が聴衆の理解を超えてあまりにも優れているからだ。」と豪語したそうです。

第1楽章 Allegro vivace e con brio 4分の3拍子
重々しい序奏がなく、「Allegro(速く)+con brio(元気良く)のベートーヴェンの専売特許のような速度指定で、いきなり斬り込むように曲が始まります。冒頭のメロディーが楽章全体を支配する中で、「(ン)タタタタン」(第5番「運命」のパロディ)や、第9番の第1楽章と同じく冒頭と同じ形で締めくくるなど工夫が見られます。
第2楽章 Allegretto scherzando 4分の2拍子
交響曲では滑稽さのある楽章を入れる場合は第3楽章に来ることが多いですが、本曲では第2楽章がそのようになっています。木管楽器が刻む規則的なリズムの上にヴァイオリンがスタッカートで上機嫌なメロディを演奏しますが、これはその頃発明されたメトロノームを表したといわれてます。最後の64分音符が出てくるところが、ベートーヴェンのユーモアを表した箇所です。
第3楽章 Tempo di Menuetto 4分の3拍子
「ベートーヴェンの交響曲には珍しいメヌエット(4分の3拍子のゆったりとした優雅な宮廷舞踊)の楽章」と解説されている資料をよく見ます。しかし、きちんと指示を読むと「メヌエット」ではなくあくまで「メヌエットのテンポで」なので、メヌエットそのものの優美な舞曲ではないということです。民踊的な素朴な力強さや、テストの引っかけ問題のような感覚を感じていただきたいと思います。なお、中間部ののどかなホルンとクラリネットは、郵便馬車の信号の描写だそうです。
第4楽章 Allegro vivace 2分の2拍子
冒頭から出てくる6連符からの快速なリズムの第1主題が強弱が激しく入れ替わるのと、優美な第2主題が対比して出てくるのが特徴的です。今度は郵便馬車が爆走するかのようです。

幻想交響曲  H.ベルリオーズ(1803~1869)

フランスの作曲家ベルリオーズが1830年に作曲した最初の交響曲です。音楽史上の大きな特徴として、まず交響曲として初めての「標題音楽」(特定の物語や絵等の内容を表現するもの)であること。各楽章に標題が付けられるとともに、当初は演奏の際には作曲家自身による解説を必ず配るよう指示する徹底ぶりでした。そしてもう一つは特定の登場人物を特定のメロディーで表す「固定楽想」を取り入れたことが挙げられます。本作では主人公が一方的に熱愛する女性を表すメロディーが、第1楽章の曲想が変わったところで登場し、全曲中何度も形を変えては現れます その物語の内容ですが、「感受性の強い、激しい想像力をもった青年芸術家が、恋の悩みに絶望して阿片自殺を図るが死には至らず昏睡状態の中で奇怪な幻夢を見る」といったもので、ベルリオーズ自身の実体験に基づいたものです。

第1楽章「夢、情熱」
前半の憂鬱な場面は、女性への想いを「夢」見る部分、一転して中盤以降、「情熱」にほだされる明るくも狂おしい躍動的な音楽になります。
第2楽章「舞踏会」
にぎやかな舞踏会でかの女性を見かけるさまを、ワルツで進む音楽で表します。2台のハープという思い切った編成で、冒頭から華やかさを演出しています。
第3楽章「田園の風景」
コールアングレと、オーボエ(どこで吹いているか探してみて下さい)による二人の牧童の牧笛と田園のたたずまいに希望が膨らみますが、再び女性の姿に不吉な予感が漂います。再び聞こえる牧笛に、もう一人は応えず、不気味なティンパニの雷鳴が響きます。
第4楽章「断頭台への行進」
嫉妬のあまり女性を殺してしまいその咎で処刑される場面です。賑やかな行進曲は実は処刑場に引き出されるところで、主人公がかの女性を想った瞬間首が飛んで終わります。
第5楽章「ヴァルプルギスの夜のサバット(魔女の饗宴)の夢」
「ヴァルプルギスの夜」というのは4月に魔女たちが集う饗宴のことですが、本作では前の楽章で死んだ主人公を囲んで魔女や魑魅魍魎が不気味なお祭り騒ぎをする場面です。グレゴリオ聖歌の『怒りの日』が主題に用いられ、いつのまにか例の女性も奇怪に姿を変えて現れます。終盤、弦楽器が弓の木の部分で弦をたたく「コル・レーニョ」という変則奏法も見られます。最後は魑魅魍魎どもがワハハ ハハハ ハハハ ハハハ ハーと高笑いして全曲を閉じます。

なお、実際は神はベルリオーズを見捨てず、後年その女性がこの曲を聴いたことをきっかけに二人は結ばれ、やがて結婚することになるのでした。

ページのトップへ戻る